RSSをPHPで処理―PHPの便利関数SimpleXML

ブログなどを運営している方はRSSで更新情報を配信しているかと思います。
逆に色々な情報サイトからRSSを受け取り、まとめサイトを作っている方もいるでしょう。

RSSをマークアップするプログラムを書くのは中々に大変です。
PHPやCGIを使用することで、効率よくマークアップできますが、
今回は比較的プログラミングが容易なPHPで、SimpleXMLという関数を使い書いていきます。

 

PHPはHTMLに埋め込む感じでコンテンツを作成できます。
C言語を扱った人なら、勉強せずとも習得できる程度に簡単です。
またそこそこ高度なコンテンツが作成できるため、個人・企業問わず色々な 場面で使われます。

PHP自体は、ユーザーの呼び出しを受けるとサーバー側で実行されます 。
そしてユーザーのリクエストに応じたHTMLを出力し、 ユーザーに送信します。
大量のリクエストを受けると、サーバーへの負荷が心配されますが、秒間数百アクセス程度では問題ないと思います。
(ただし、SQLなどのDB処理をすると負荷は増加します)

さて、これ以降が本題。
これより下は、多少PHPを扱える人向けの内容となります。

 

RSS の処理はXMLの処理とほぼ変わりません。
というか、RSS自体がXMLですし。。
PHPにはSimpleXMLというモジュールがPHP5より標準化されています。
SimpleXML関数はその名の通り、XMLをとてもシンプルに処理できます。

ひとまずRSSの前に簡単なXMLを処理してみましょう。

まずは、今回処理するサンプルXMLを用意しましょう。

sample.xml
[xml]



ソフトバンク株式会社
http://www.softbank.co.jp/


楽天株式会社
http://www.rakuten.co.jp/info/


[/xml]

あくまでサンプルですが、こんな感じで用意してみました。

とりあえず、SimpleXMLを使いグワーッっと書くとこんな感じです。

[php]



XML文書処理